オールインワン化粧品ランキングを参考にしよう|美肌の秘訣を探る

美容

角質層にまで栄養が届く

クリーム

敏感肌や乾燥肌は特に注意

元々ビタミンCは組成がもろくてすぐに崩れてしまうのがデメリットでした。このビタミンCを肌の角質層にまで壊さずに届けることができる、人工的に手を加えたものが、ビタミンC誘導体で、それを加えた化粧水はスキンケアの定番になっています。しかしビタミンC誘導体は使用にあたって注意すべき点もあります。その注意点の1つが敏感肌や乾燥肌の人は刺激の度合いを見極める必要がある点です。ビタミンC自体、肌への刺激のある物質で、特に敏感肌や乾燥肌のように普段低刺激の化粧水を使用している人に、ビタミンC誘導体入りの化粧水は刺激が強すぎる可能性があります。また別の注意点として、ビタミンC誘導体は水溶性のものが化粧水には多く使われています。この水溶性ビタミンC誘導体は、水分を奪う働きがあるので、保湿ケアも同時に行うように心掛ける事も重要です。

肌質に合わせて選べる

様々な美容成分の中でも、ビタミンC誘導体の優れている点は、水溶性と油溶性、そしてその2つを混合したものの3つがあり、肌質に合わせて選べる事です。このためビタミンC誘導体入りの化粧水も、商品を選ぶ時には自分の肌質に合ったものを選びやすいため、人気の化粧水となっています。水溶性と油溶性はそれぞれ特徴が異なり、この点を理解しておくのが自分の肌にぴったり合う化粧品を選ぶコツになります。水溶性は水に溶けやすく、肌への浸透のしやすさとさっぱり感が特徴です。ただし表皮の水分を奪いやすいというデメリットがあります。肌質が普通の方や保湿は十分行っている人にはこの水溶性が向いています。一方、油溶性のビタミンC誘導体はさっぱり感は感じにくいですが、肌に長時間残ってビタミンの効果を発揮してくれるので、乾燥肌の方には特にこちらが配合された化粧水が人気です。